バナジウム入りの富士の湧水!

バナジウム入りの富士の水

もう長い間「バナジウム入りの富士の湧水」のウォーターサーバーを利用しています。

 

3回会社が替わり、おちつかない思いもしましたが、主人の健康のための「主人専用」のウォーターサーバーでしたから、利用金引き落としで手間も掛からないことから、ずっと利用したわけです。

 

最初はガロンという容器でしたから、交換が必要で、玄関先に置いておいたり、入れ替えしたり、結構手間がかかりましたが、途中から紙パックに包まれた捨てられる樹脂性のボトルに変更されましたから、交換はなくなりました。

 

しかし、この紙パックがダンボール製なので、壊したり畳んだりに力を要します。

 

我が家は夫婦共に70代に突入しましたから、このダンボールを資源ゴミに出すためにたたむのが大変です。

 

重い水のボトルを支えるためですから、頑丈にしっかりと接着もされています。

 

そして、更に大変なのがボトルをサーバーの上に設置することです。

 

胸の高さが大抵のウォーターサーバーの高さですから、そこまで持ち上げるのが大変。

 

最初の頃はわたしが頑張って水ボトルの交換をしていましたが、3年前くらいからはギブアップして、主人が休みのときに交換しています。
その主人が「重くて上手く乗せられない、はめられない」と言い出しました。

 

そして、見つけたのです。持ち上げないで済む、ボトル下置きのサーバーを。

 

夕食時のテレビコマーシャルで『簡単、下置き』が、流れていました。

 

夫婦共に「あれ良い」と言いましたから、かなり衝撃的だったのでしょう。

 

翌日ネットでリサーチして、女性が考えた設計と知り、納得しましたし、最大の関心事「バナジウム入りの水・富士天然水」もあることをちゃんと確認しました。

 

すぐに「富士の湧水・イワタニ」に電話し、「下置き」について聞くと現在はないとのことで解約。

 

今サイトで見ていたら、『富士の湧水」はレンタル料が800円と出ていますが、我が家では最初の契約通りの500円で値上がりはしていませんでした。

 

古いお得意さんへのサービスだったのですね。

 

何かあったらすぐスタッフが来てくれましたし、重いボトル持ち上げのマイナスが無ければ、このままでも良かったのですが、今後下置きは主流になっていくと思います。

 

ネットから注文した「ラピロスウォーター・雪華」は、明日には届きます。

 

ただ、サーバーには「レンタル料」はかかりませんが、設置は自分ですること。

 

水は宅配時にカードか現金で支払うこと、と言うので手間は掛かりますね。

page top