ウ安全なウォーターサーバーを選ぶために・・・

値段だけでなく安全性を優先するところにも目を向けて各社の比較をしています!

安全なウォーターサーバーを選ぶために
水道水に放射性物質が検出されてから、水の安全性には皆さんとても敏感になっていると思います。ペットボトルの水でしたらそれほど容量はないので、何日も置くということはありません。

 

短期間に飲みきってしまうので、その間冷蔵庫に保管して、直接飲んだりしなければ衛生面での心配はそれほどありません。

 

ですがウォーターサーバーですと、サーバーの構造によっては雑菌が入り易くなっていたり、また水の容器自体が大きいので、飲みきる前に雑菌が繁殖したりするような危険性もあります。

 

飲んで味が変わっているなどの変化があればわかりますが、よほどひどい状態にならない限りそこまでにはなりません。

 

せっかく安全性を求めてウォーターサーバーを導入するのですから、その安全性にはこだわりたいと思います。

 

 

まずウォーターサーバー自体の構造です。
お手入れが楽ということは利用者にはありがたいのですが、安全性に裏打ちされた「楽さ」なのかをよく確かめてみてください。
各社ともホームページにサーバーの構造は詳しく書いてあるはずです。
その構造、手入れ法をよく比較してみてください。
多少お手入れに手間がかかっても、安全性を優先したほうがいいかもしれません。

 

次はどのような形で水を供給するかです。
以前はおおきなプラスチック製のボトルが主流でしたが、
最近はボトルを交換するのではなく、ワンウェイ方式でボトルを配達してもらい、使い終わったら小さく丸めて不燃ごみに出せる容器もあります。

 

またできるだけ水が空気に触れない構造をとっているものもあります。

 

また一番大事なのはどのような水を使っているのかということです。
最近は放射能検査をしている業者もたくさんあります。

 

ウォーターサーバーの水に求めるのは味より安全性が優先するという方もいらっしゃいます。

 

業者によってそのサーバーが一番売り物にしているところが違います。

 

ホームページなどで一番記述が多いところがその業者が一番力を入れているところです。

 

値段だけでなく安全性を優先する場合にはそのようなところにも目を向けて各社の比較をして頂きたいと思います。

page top