安全な飲料水はどうやってつくられる

安全な飲料水はどうやって

軟水、硬水はどの様にして分けられいてるか
水にはカルシウム・ナトリウム・カリウムなどさまざまなミネラル成分(鉱物質)が溶け込んでいます。
ミネラル分が多く含まれると水の味は硬く感じられ、少ないと軟らかく感じられます。
水の硬さを科学的に算出した数値は「硬度」と呼ばれますが、これらはミネラルの主成分であるカルシウムとマグネシウムの量を測定したものです。
1リットル中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水とされ、日本の水の場合はほとんどが100mg以下の軟水です。
一般的に硬い水は口に含むと引き締まった味がします。
冷蔵庫で冷やせば、味のクリスタル感は一層強調され、よりおいしく感じると言われています。 一方、軟らかい水は口の中で優しく広がります。
香りや風味を大切にする日本茶や紅茶などを淹れるときは、軟らかい水が向いているようです。
雨水は地球上に降った後に、いろんな地質層や岩石層の狭い隙間に浸み込んでいって、いろいろなミネラル成分(カルシウム、マグネシウムなど)を溶かし込みます。
水に味があるというのは、飲み水が純粋なH2Oではなく、鉱物分などを溶かし込んでいるからなのです。
天然ミネラル水の中には、岩盤の鉱物、苔や藻などの微生物など実に500種以上の物質がほどよく溶け込んでいます(もちろん微生物が多量に存在するような水は飲料には適しませんが)。

 

さらに水には硬度があります。
水には軟水と硬水があり、水に含まれているミネラル成分(カルシウム、ナトリウム、カリウムなど)によって分けられます。
1リットル中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水とされています。
日本の水の場合はほとんどが100mg以下の軟水です。
この硬度は水の味を決める大きな要素の一つです。
厚生省の「おいしい水研究会」の調査結果によると以下の通りになっています。
?蒸発残留物(ミネラル):30〜200mg/l
?硬度:10〜100mg/l
?遊離炭酸:3〜30mg/l
?過マンガン酸カリウム消費量:3以下
?臭気度:3以下
?残留塩素:0.4mg/l以下
?水温:最高20度以下

 

天然水・湧水・名水とは
地球上の水は基本的サイクルは1つですから、人間の手によって化学処理することによって細菌・臭い・透明度を改善した水ば飲用水道水とされていますから、元々はおなじ水であって山のふもとから採取したものは天然水・湧水・名水と製造会社が商品名としている様です。名水については厚生省の基準値に納まる水を言います。

 

水道水中には、水道法の水質基準値以下ではありますが、トリハロメタンやトリクロロエチレン、シマジンなどの有害物質、気になるカビ臭や残留塩素などの「おいしさを阻害する成分」が含まれていることがあります。
水道水に含まれる有害物質
・総トリハロメタン
消毒副生成物として、浄水場での塩素剤添加後に発生し、発ガン性があるといわれています。
水道水中の残留塩素と有機物(アンモニア性窒素、フミン質)が反応して生成されます。

 

・トリクロロエチレン(有機溶剤)
ハイテク工場などで使用されている機械部品などを洗浄剤の成分で、工場排水等から地下水に混入する可能性がある物質です。
中枢神経障害の原因になるといわています。

 

・シマジン(農薬)
林野、ゴルフ場等で使用される除草剤の一種です。
雨などによって地下水に混じり、水道の原水に混入することがあります。

 

家庭で最も簡単に、残留塩素(カルキ)除去、硬水・軟水を変えることが出来るのがアルカリイオン整水器の取り付けです。

page top