本のお水・美味しく健康な水〜その歴史

本のお水・美味しく健康な水〜その歴史

日本は数少ない飲み水を利用できる国として知られています。

 

その有数な良質の水を作り出すことのできる環境は、日本の山脈などが多い地形が関係しています。

 

国土の中央に高低差が多いことで、湧水などが綺麗にろ過されて良質な水脈を作り出すのです。

 

ですので、日本人は古くから、国土の水に親しんできた歴史があります。

 

稲作業もさかんになってきた頃には、水田などの利用により専用のダムなどの治水工事なども進んできたのです。

 

その水源は各自の耕作をする人の所有地に届けられるように、設備なども進んできました。

 

さらに、工業発展などの影響も受け、さらに工業用水などの設備も必要になってきました。

 

人間と水との関係は、そういった意味でも欠かせないものがあります。

 

水が電力として供給されたり、水を利用して工業を運営したり、数多くの使い方がされてきたのです。

 

そういった発展をするうちに、高度成長期などになってきました。工業用水などの排出により、水質の汚染も深刻になったのです。

 

さらに、それによって人が害を受けたりすることもありました。

 

そのため、国では一定の工業排水に対する基準を設けました。公害が原因の疾病などを起こさないように対策を始めたのです。

 

また、そのための法改正も進んできました。

 

一定の基準を満たすまでろ過などを行わないと、河川などに工業用排水をすることができなくなったのです。

 

さらに、飲み水や生活水として利用する水質の向上のために、様々な対策を打ってきました。

 

ですから、河川などの水質は、今現在等級によって管理されています。

 

一方でダムなどの貯水池も多く建設されてきました。

 

飲み水として利用するためと、工業、農業などに水を分配するためでもあり、広大な土地をダムとして活用しています。

 

さらに、水道水として使う生活水は、国、自治体で徹底的な管理を受け、高水準高機能の浄化設備などを作り上げ、現在の水道の形までに発展させたのです。

 

このような発展を遂げても、さらに人々は安心・安全な水を求め続け、ミネラルウォーターの製造や良質な日本の水源を利用した天然水の販売なども、シェアを拡大させてきました。

 

その背景には、人がより健康で安全に暮らすためには、水が根本的な要素であり、すべての食物を調理する場合などでも、水を利用・使用しないことはないという原因があるからなのです。

 

これからも、さらに安全で安心な水を人が求めることは、企業にも求められることでもあるのです。

page top