水には「軟水」と「硬水」の2つの種類がある

安全に美味しく飲める水ついての解説

近年水は購入したり浄水器をつけるなどして利用するのが一般的になりました。

 

水の安全に対する意識が高まったり、また美味しい水を使いたいという人が増えているのだと思います。

 

しかし一口に水といっても種類などがあります。

 

 

水には「軟水」と「硬水」の2つの種類があるのは聞いたことがある人も多いと思いますが、この二つの違いを知っている人は少ないと思います。

 

これは水に含まれている、マグネシウムとカルシウムの量によって硬度が決めれており軟水と硬水に分けられているのです。

 

量が多く含まれていると硬水と分類され、
量が少ないと軟水と分類されます。

 

軟水は飲んでみると口当たりが良く柔らかいです。
出汁をとったりなど日本料理を作るのに適しており、お米を炊く場合には軟水を使ったほうが美味しく炊くことができます。

 

硬水は飲むとひっかかるような飲みにくい硬さがありますが、ミネラルやカルシウムが豊富に含まれているので、スポーツ後や栄養補給に適しています。
また便秘の解消に効果があると言われています。

 

日本の水は軟水と言われており、
ヨーロッパの水は硬水と言われています。

 

飲んだ時ののど越しや含まれているマグネシウムなどの成分量で好みや利用方法が分かれてきますので、一概にどちらがいいとは言えないのです。

 

 

そして水にはRO水と天然水があります。
天然水は聞いたことがあると思いますが、RO水はあまり聞きなれないのではないかと思います。

 

RO水とは、逆浸透膜ろ過システムによってろ過された水のことを言います。
水の中に含まれている様々な不純物(細菌、ウィルス、金属等)を取り除くことができ、限りなく純粋な水を作ることができます。
不純物だけでなく、ミネラル分までもがろ過されてしまうため、商品によっては人工的にミネラルを加えているものもあります。
これはデザインウォーターと呼ばれています。
人工的というと心配な気がしますが、不純物を一切含まないのでとても安全で安心な水なのです。

 

 

天然水とは、自然によって長い時間をかけてろ過された水のことをいい、ミネラルをとても多く含んでいる水のことをいいます。
処理方法には、ろ過、沈殿、加熱殺菌でおこなっており、それ以外の科学的な処理は行っていないのです。
水源によって含まれているミネラル成分が異なってきますので、水源によって水を選ぶことができます。
また天然水は美味しいのも特徴です。

 

どちらもそれぞれの特徴があるので、好みや利用したい用途によって決めると良いと思います。

page top