水と硬水の違いと分け方

水と硬水の違いと分け方

飲料水を購入する場合、軟水、硬水の区分があることを知っている方は多いでしょう。
軟水は口当たりも軟らかで飲みやすく、硬水は文字通り硬い、というように軟水と硬水のそれぞれの違いは、なんとなくならお分かりになられる方も多いでしょうか。

 

軟水と硬水にはどのような違いがあるのか、解説いたします。
軟水か硬水かを決めるのは、水の採れた場所や、口にいれた時の感覚ではありません。
カルシウムイオンとマグネシウムイオンがどの程度含まれているか検査をして、基準よりも低ければ軟水に、高ければ硬水に、それぞれ分類されるのです。この二種の成分がどれほど含まれているのかを表しているのが硬度と言いますが、この硬度が高い数値であるほど硬く、低ければ軟らかいということです。ただし、硬水、軟水を分ける基準は国によっても変わってきます。

 

日本で飲める水はどちらの区分の水が多いのか、と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。日本にある水の殆どは沖縄、関東の一部を除き軟水であり、硬水は多くの場合、海外からの輸入商品です。スーパーに並んでいる飲料水の硬度を見てみてください。100を下回っているものが多いことと思います。

 

日本の基準とは少し違いますが、世界的な基準では、60以下は軟水、60以上120未満が中硬水、120以上が硬水とされています。
現在確認されている中で最も軟らかい飲み水は硬度0〜2ですが、世界で最も硬い飲み水は硬度1600を超えています。どのような口当たりなのか、想像ができません。

 

硬水は硬ければ硬いほどミネラルが多量に含まれており、身体に良いと言われていますが、沢山飲めば良いというものではありません。
ミネラルが多ければ多いほど、喉に引っ掛かるように感じられて飲みづらくなり、頑張って多量に飲んだとしても、硬水に含まれる大量のマグネシウムイオンを人間の身体は吸収することができず、お腹を壊してしまう場合があります。
健康のためにとても硬いミネラルウォーターを飲む場合、一日にコップ一杯など、しっかり決めておきましょう。水分補給をする時は軟水を選ぶようにして、分けるようにしましょう。

 

多くの料理や飲み水など、生活に使用するのは軟水の方が適しているのですが、料理の下準備に使用する時は、硬水の方が適している場合もあります。硬水は、肉類を煮るときに出るアクを出やすくしてくれる効果があるのです。コーヒーを作る水に使うのも適しています。

page top