外国で飲まれているお水は軟水・硬水?

海外旅行でお水はスーパーなどで軟水のミネラルウォーターを購入して飲むと良い?

世界中で飲まれているお水の種類について
日本を始め色々な世界には様々な文化や歴史、そして食べ物がたくさんあります。そのなかの一つとしてお水の種類もたくさんあり、その特徴は国ごとによって異なります。そこで、世界各国で利用されているお水について検証します。
 まずは、私たち日本人に愛用されている日本のお水についての解説から始めまます。
日本では、主にお水の硬度が低い軟水が主流になっており、その特徴としては癖のないとても飲みやすい味が特徴となっています。ここで面白いのが、一口に軟水と言っても、その地域や場所によって水道の浄水場が異なりますので、微妙に水の硬度が各浄水場ごとに異なります。

 

東京都と大阪府とではお水の硬度が微妙に異なりますので、飲み比べてみれば若干味の違いがあるかもしれません。
 次はアメリカの例に考えてみます。
アメリカの場合は、一部の地域の場合軟水でありますが、基本的には硬水を利用している地域が多いようです。日本で販売されているミネラルウォーターの中でクリスタルガイザーという商品があります。
この商品は北米大陸のカスケード山脈という場所と取れたお水で、こちらもお水の種類としては軟水になります。
これはあくまでも日本で販売するための商品としてですので、アメリカでは硬水の地域の方が多いようなので、旅行でアメリカへ行く際は、十分注意をしてください。
海外旅行でお水が原因で体調を崩す原因には、お水の硬度の違いがあります。

 

ヨーロッパの辺りのお水の種類はどうでしょう。
これも一部地域では軟水の地域があるようですが、ヨーロッパでも軟水ではなく硬水が主流になっている地域が多いようです。
日本で有名なボルヴィックというミネラルウォーターの原産地がフランスなので、ヨーロッパも軟水が主流ではと考えた方も多いのではないかと思います。
ですが、実際は硬水が主流の様なので、こちらの地域へ旅行される方は、アメリカ同様にお水の硬度のよる体調管理について怠らないようにしてください。
旅行中などにどうしてもお水が飲みたくなった場合には、スーパーやコンビニなどで軟水のミネラルウォーターを購入して、それを飲むと良いかと思います。
 この様に世界3ヶ国を例に考えてみましたが、お水一つを取ってみてもこれだけ地域ごとに違いがあるのですから、正直凄いと思います。
日本人の方で外国へ旅行へ行かれる方は体調管理の一環として、国ごとのお水の特徴について各自で調べてから旅行に行かれることをお勧めします。

page top