水について!天然水・純水・水道水・湧水の違い

 

水について考えてみたいと思います。

 

水は、水素と酸素の化合物です。

 

水は、H2O です。

 

水は英語ではwaterですね。

 

日本では、常温の水に対して温度の高い状態を湯ですね。

 

水は、液体では水 個体では氷 気体は水蒸気ですね。

 

飲料水⇒飲用

 

海水⇒海の水

 

地下水⇒地下にある水

 

ミネラルウォーター⇒地下水をボトル詰めした

 

純粋⇒不純物をほとんど含まない

 

農業用水、工業用水⇒

 

上水⇒水道水など

 

下水⇒汚水、生活雑排水など

水成分と硬度

1000mlの水に溶けているカルシュムとマグネシウムの量が
120mg/l以上を硬水←WHO(世界保健機関)基準
120mg/l以下が軟水←WHO(世界保健機関)基準

 

または
0〜100mg/lが軟水
101〜300mg/lが中硬水
301mg/l以上が硬水

 

硬度は
(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4) で計算

 

大雑把に言えば

日本は軟水

雨水が比較的早く湧き出てくる国土が狭い日本の特徴

大陸の西欧は硬水

広い大陸で長期間地下でろ過される過程でミネラルを多く含む地下水になり
硬水となる。西欧の食文化に不足しがちなミネラルを補給できるメリットもあります

 

硬水と軟水の違いのページへ

 

天然水・純水・水道水・湧水の違いについて

 

私たちが普段スーパーやコンビニなどで、ミネラルウォーターを購入することがあると思います。
それを良く見てると、天然水やら純水など表記がされているかと思います。

 

それでは、具体的には何が違うのかいうことを少し検証していきます。

 

まずは天然水の説明からしていきますと、天然水とは山脈などで組み上げたお水を加熱殺菌・ろ過・不純物の処理以外の処理方法を行わないお水のことをいいます。
本当に必要最低限の処理しか行わない、いわば取れたてのお水という表現がびったりのお水になります。

 

 次に純水とは一体何なのか解説。
純水とは別名ピュアウォーターとも呼ばれ、これはお水の宅配サービス会社でこの純水を販売していることが多いです。

 

それでは具体的に説明していきますと、上記の天然水の説明で挙げた製法と似ているのですが、純水とは天然水で行った必要最低限の処理のお水を更に処理を行い、不純物などを非常に細かく取り除いたものが純水と呼ばれるお水になります。
とはいっても、天然水の段階でも人体に悪い影響を与えるということはありませんので、天然水と純水の違いは細かく解説すれば違うものとなりますが、基本的にはそんなに違いはないという認識でも良いかと思います。

 

 3つ目は水道水についての説明です。
水道水というのは、私たちが家庭で使用されているお水を表します。
その製造過程として、各地域ごとの浄水場で殺菌などの塩素処理を行い、きちんと消毒をされてから家庭用のお水として供給されていく流れになります。
ここで消毒と紹介しましたが、消毒と聞くと人体に何かしらの影響があるのではと考える方もいるかも知れませんが、人体に悪影響のない基準をクリアした上での家庭への水道水として供給されていますので、その点におきましては心配される必要はありません。

 

 それでは最後に、湧水について説明をしていきましょう。
湧水とはゆうすいとも読まれることがあります。
その湧水とは何かといいますと、主に自然の中で地中から自然現象として水が湧き出るお水のことを表します。山登りなどへ行かれた際に、水道管などがないのにお水が流れている場所があるかも思いますが、そのお水が湧水に該当されます。
つまり、人口の手によって一切の処理をされていないお水本来の味が味わえるお水と言っても良いかもしれません。
 今回は4つのお水の違いを出来るだけ分かりやすいように説明をしてきました。
もちろんこれ以外にもお水ごとに様々な違いがありますので、もしその違いが気になった方は各自で色々と調べてみてください。

 

水道水も「ミネラルウォーター類」なんです

ミネラルウォーターと聞くと、アルプスの岩場から溢れ出る湧水をそのままペットボトルに詰め込んでいる……そんなイメージを持ちませんか?
結論から言うと、そんなことはありません。ミネラルウォーター類品質表示ガイドライン(農林水産省発行)で言えば、
水道水だって「ミネラルウォーター類」と言って差し支えないのです。例えば、あなたが自宅の水道水からペットボトルに水を注ぎます。
それをスナックにもっていき「ミネラルウォーター」と言っても法律的に間違っていないです。
 水の種類を少し整理してみましょう。
 @ナチュラルミネラルウォーター
 原水は検査基準をクリアしたミネラル入りの地下水。処理方法は加熱殺菌・濾過沈殿(除菌)
 例)フレシャス・コスモウォーター・ワンウェイウォーター(すべてウォ−ターサーバー)
 Aナチュラルウォーター
 原水は検査基準をクリアしていなくても可とされるミネラル入りの地下水。処理方法は@に準ずる。
 ナチュラルミネラルウォーターと違い無機塩類が溶けだしていないので、ウィスキーやコーヒーといった素材そのものの味を損なうことが無いのが特徴です。
 また内蔵機能の弱い赤ん坊に対してもお勧めです。
 Bミネラルウォーター
 ナチュラルミネラルウォーターを原水としますが、ミネラルの調整や幾種類かのナチュラルミネラルウォーターのブレンドが行われています。
 オゾン殺菌やUV殺菌を施した安全な水ということもできます。比較的安価であると言うもの特徴の一つです。
 例)市販のペットボトルの水のほとんどがこれにあたります。南アルプスの天然水・ボルヴィック・六甲の水など。

 Cボトルドウォーター
 純粋(RO水)蒸留水、河川の漂流水・水道水
 処理方法に限定はありません。都会で手に入る一般的な水というのがボトルドウォーターです。安価この上ないのがこの水です。

 

 さて、こうやって見るとどれが一番希少で美味しい水なのか?
@である!と答えた方は単純です(笑)。安全と言う希少性で見ていきましょう。
@からBの水に関しては
食品衛生法という法律で定められた水質基準項目が課せられています。
Cに関しては水道法で定められた水質基準項目が課せられています。こちらの項目は100を超える項目で
水道水以外はその1/3程の水質基準を満たしていれば、販売できると言う裏があります。
 これは@〜Bは嗜好品であるという考え方からきているようです。人間は一日に2.5リットルの水を摂取すると言われています。
なので水道水に関しては生命に直接繋がるものであるという国を挙げた認識なのです。

 

 安全性という希少価値では「水道水をペットボトルに入れた、スナックのミネラルウォーター類」が一番とも言えるのです。

 

Frecious(フレシャス)

新型ウォーターサーバー
FRECIOUS dewo mini(フレシャス・デュオミニ)
ウォーターサーバーで初めて
グッドデザイン賞を受賞した一番人気モデル
『FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)』
dewomini01
お洒落なウォーターサーバー♪Frecious(フレシャス)
大きさ1/3!もう設置場所に困らない
キッチンカウンターやワゴン、スツールの上など、
さまざまなスペースに置くことができます。
業界初!「UV-LED」殺菌機能搭載
※UV-LED…殺菌効果のある紫外線を出す発光ダイオード。
最新テクノロジーによる高い殺菌効果で、
いつでも天然水を新鮮な状態に保ちます。
便利機能

  • 最軽量4.7L使い捨てパックで交換ラクラク
  • 寝室に置いても気にならない静音設計
  • 家計にやさしい電気代約60%カットのエコ機能
  • 新色「カッパーブラウン」は和の空間にも

↓  ↓  ↓Frecious(フレシャス)

butann-kousiki1

 

一番人気のウォーターサーバー最高のサーバー水決定から水宅配の発注まで、ウォーターサーバー 比較 おすすめ|赤ちゃん水 天然水 宅配 レンタル&購入、天然水ウォーターサーバーの安全商品決定に役立つ一番ホットな情報です!
ランキング一番人気で最高のサーバー決定した

 

ウォーターサーバー フレシャスについて

 

ウォーターサーバーのスラットは月額レンタル料金900円、パックの容量は9.3Lです。
デュオの場合は月額連レンタル500円、パック容量7.2L、
ミニサイズはパック容量が4.7Lで月額レンタル料金はデュオと変わりません。

 

エコ機能を利用した場合の電気代は、
デュオがおよそ330円、
デュオミニの場合は490円、
スラットは380円となっています。
月額料金と電気代で比較してみるとデュオが一番お得なお値段ですね。

 

フレシャスのサーバーランキングの中でもやはりデュオが一番人気となっています。

 

では利用料以外でどのような点が人気のポイントなのか、
両者を比較してみていきましょう。

 

まずはデュオからです。
デュオのおすすめポイントは、
ボタンを押すだけで簡単にクリーニングができてしまうという点です。

 

そして省エネ機能が3つ搭載されているので、
利用状況に応じて省エネ度を変えることができます。
さらに小さなお子様がいても安心のチャイルドロック機能付きです。

 

デュオのサーバーは、グッドデザイン賞も受賞しているおしゃれなサーバーです。

 

インテリアとしてお部屋に馴染んでくれるのも嬉しい点です。

 

設置も簡単で7.2Lのウォーターパックなので、
女性でも簡単に入れ替えができます。

 

給水口が高めなので楽な姿勢で水を入れることができます。

 

サーバー内の温水は定期的に循環しているので
、温水や冷水がいつも新鮮な状態に保たれます。

 

雑菌の繁殖を防ぐ構造になっていますし、
外部からの雑菌侵入もしないように作られているのでとても衛生的なサーバーです。

 

フレッシュボタンを押せばクリーニングが簡単にできます。

 

従来品と比較しておよそ70%以上の電気代カットとなるので長期的に使うのにも安心のサーバーです。

 

フレシャスデュオは温水と冷水のタンクが別々になっているので節電が効率よくできるとされています。

 

サーバーのカラーは5色用意されているので、お部屋に馴染む色、好きな色を見つけることができます。

 

一方のスラットは、カラーバリエーションは2色でとてもシンプルな黒と白になっています。

 

こちらもグットデザイン賞を受賞しているデザインでお部屋に馴染みやすいおしゃれな形です。

 

便利なリヒート機能がついています。

 

この機能は通常80〜85度の温水を90度にして3〜4分再加熱できるという機能です。

 

カップ麺を作る時に丁度良い温度になっているのでカップ麺を良く作る人にはおすすめの機能です。

 

さらに赤ちゃんのミルク作りなどに丁度良い温度設定も楽々できます

 

。エコ機能を使えば70度という温度で赤ちゃんが火傷しない丁度良いミルクが完成します。

 

さらに常温水を出すこともできますので、
冷たいお水が苦手という人も常温水で楽しめます。

 

スリープ機能がついていますので、
スリープ機能を利用して夜間の電気代を節約する事ができます。

 

このように2つそれぞれ違いがありますので、
用途に合わせて選びましょう。
一人で使うのか、家族で使うのかでも違ってきますね。

 

フレシャスは、新鮮な天然水を送料無料で届けてくれます。

 

好きな日程で届けてもらうことができるのでなかなか自宅にいない人も安心です。

 

お水はフレシャス富士やフレシャス朝露高原、フレシャス木曽から選ぶことができます。

 

スラットの場合はフレシャス富士のみしか対応できません。

 

デュオの場合はお口に合う水を選ぶことができます。

 

各お水の違いと栄養成分は公式サイトで確認ができます。

 

ウォーターパックは、回収せずにつぶしてすぐにゴミに出せます。

 

かさばらないように潰せるので置き場所にの困りません。

 

サーバーのレンタル料に関して初月は無料となっています。

 

毎月のボトル購入本数が2本になっている場合はサーバーレンタル料が無料となりますので、
よりお得に利用する事ができます。

↓  ↓  ↓Frecious(フレシャス)

butann-kousiki1

 

 

 

 

 

 

 

水の軟水・硬水について!天然水・純水・水道水・湧水の違いとは?記事一覧

水について宅配水比較は、安全な水の比較っていう意味が強いです!もちろんコストの問題が大切ですが、本来宅配水は安全であることが大前提ですよね!飲んで安心であるウォーターサーバーの飲料水、当たり前ですが重要ポイントです。ウォーターサーバーを使って、暑い夏を元気に。ずい分と暑くなってきました。熱中症などが心配されるようになってきています。そのようにならないために水分補給はかかせません。水を定期的に飲む事...

東京都の水!情報は東京都水道局のホームページがオススメ!水源・水質情報に、水道水質基準など、かなり詳しく開示されている!・水質基準項目(50項目)水道水は、水質基準に適合するものでなければならず、水道法により、検査が義務づけられています。・水質管理目標設定項目(27項目)現在まで水道水中では水質基準とする必要があるような濃度で検出されていませんが、今後、水道水中で検出される可能性があるものなど、水...

塩素いっぱいの水と違って、自然な軟水はとっても体に優しいですね!お料理にもそのまま使っていいから大変便利!お茶でもコーヒーでも、熱いお茶・冷たいお水・暖かいお湯・すぐ使える熱いお湯が便利ですね!想定外の事態が起こっても子供たちを守りたいって思ったので安全なお水を探しました。毎日のことだからスーパーに買い出しに行っても手に入らない売り切れもあるかもしれない!塩素いっぱいの水道水って本当に大丈夫なのだ...

天然水ミネラルを豊富に含んでいるので特有の甘みを感じます。ミネラル分を摂取したいなら天然水がおススメですね!日本各地には、良質の天然水があります。採水地によっていろんなタイプの水が採水されています。わざわざ、遠いところまで水を汲みに行かなくても、衛生的な管理のもとで、良質の水を宅配してくれる時代になりました。もちろん、古来各地に点在する歴史的に著名な名水は多数あります。ここでご紹介するのは、大量に...

日本は数少ない飲み水を利用できる国として知られています。その有数な良質の水を作り出すことのできる環境は、日本の山脈などが多い地形が関係しています。国土の中央に高低差が多いことで、湧水などが綺麗にろ過されて良質な水脈を作り出すのです。ですので、日本人は古くから、国土の水に親しんできた歴史があります。稲作業もさかんになってきた頃には、水田などの利用により専用のダムなどの治水工事なども進んできたのです。...

近年水は購入したり浄水器をつけるなどして利用するのが一般的になりました。水の安全に対する意識が高まったり、また美味しい水を使いたいという人が増えているのだと思います。しかし一口に水といっても種類などがあります。水には「軟水」と「硬水」の2つの種類があるのは聞いたことがある人も多いと思いますが、この二つの違いを知っている人は少ないと思います。これは水に含まれている、マグネシウムとカルシウムの量によっ...

軟水と硬水の違い。わかりますか?軟水と硬水の違い。わかりますか?欧州などに旅行する場合に、必ず1回はガイドブックで見る言葉です。わかっているようで、わかってないものの一つかもしれません。軟水なのか、硬水なのかの差は、その水に含まれる成分の違いです。カルシウムとマグネシウムが少ないのが軟水。多いのが硬水です。科学的な根拠はわかっても、で、どう違うのか?なんで、おなかが壊しやすいとか、生水は飲むなとか...

世界中で飲まれているお水の種類について日本を始め色々な世界には様々な文化や歴史、そして食べ物がたくさんあります。そのなかの一つとしてお水の種類もたくさんあり、その特徴は国ごとによって異なります。そこで、世界各国で利用されているお水について検証します。 まずは、私たち日本人に愛用されている日本のお水についての解説から始めまます。日本では、主にお水の硬度が低い軟水が主流になっており、その特徴としては癖...

硬水と軟水の違いと特徴について。容器に入れられて販売されている飲料水の中で、地下水や鉱泉水を源泉としている水をミネラルウォーターと呼んでいますが、ミネラルウォーターは「軟水」と「硬水」に分けられて表記されています。「軟水」と「硬水」はいったいどこが違うのでしょうか?水の硬度というのは、水に含まれているミネラル分であるカルシウムとマグネシウムの量によって定められています。硬度の算出の仕方は国によって...

人の生活に欠かすことのできないものの一つとしてお水があり、普段我々は何気なく飲み物として・食べ物に使用したりと使用用途は様々です。ですが、そんなお水にも実は軟水・硬水といった種類があります。このお水の種類を聞いたことがあるという方は多くいると思いますが、それでは具体的に硬水と軟水とでは何が違うのでしょうか?そのあたりを、少し説明していきたいと思います。 その違いの定義とは、お水の硬度の違いによって...

安全でおいしい水道水をさらにおいしく飲む方法最近の水道水はとてもおいしくなっていることを皆さんはご存じですか?一時期は「臭くて飲めない」とか「発がん物質が」とか色々と騒がれた水道水ですが、最近ではその安全性はもとより、味自体も見直されてきているのが水道水です。ミネラルウオーターがおいしいのは確かですが、その安全性に関しては、あまり神話的には信用し過ぎないようにした方が良いのも最近の常識です。水道水...

その人にあった水にも種類がたくさんあります。今は、たくさんの水が売られていて、どういった性質を持っているのかがわかりにくい状況だと思います。今回は、科学的な面から見ていきたいと思います。まずは一番身近な「水道水」から解説していきたいと思います。東京や大阪といった大都市の水道水は一時期、飲むに値しないといったことが騒がれていました。ですが、ここ5年ほどで特に煮沸しなくても飲めるというレベルになってき...

水には大まかに分けて2種類あり、片方はミネラル分が高い『硬水』。もう一方はミネラル分が少ない『軟水』があります。日本ではほとんどの地域は軟水で、沖縄諸島や関東地方の一部に至っては高度が高い所があるそうです。硬水はアメリカ合衆国やヨーロッパの水に多いです。この硬水と軟水を分けているのはWHO(世界保健機構)が定めた硬度120以下を軟水と定めています。硬度が120を上回った場合は硬水とされています。軟...

飲料水を購入する場合、軟水、硬水の区分があることを知っている方は多いでしょう。軟水は口当たりも軟らかで飲みやすく、硬水は文字通り硬い、というように軟水と硬水のそれぞれの違いは、なんとなくならお分かりになられる方も多いでしょうか。軟水と硬水にはどのような違いがあるのか、解説いたします。軟水か硬水かを決めるのは、水の採れた場所や、口にいれた時の感覚ではありません。カルシウムイオンとマグネシウムイオンが...

今や水も買って飲むのが当たり前になっています。昔は水道の蛇口からコップに注いでその水を飲むのが普通でしたが、最近では当たり前のようにスーパーなどで様々な種類の水が売られています。その種類も豊富で飲み比べてみたくなるほどです。スーパーなどで大量にミネラルウォーターを箱買いする人はよく見かけますが、1.5リットルほどの水を箱で買って運ぶにはそれなりの体力が必要です。高齢者にとってはとても重労働です。そ...

人が飲用可能な水、飲料水は余分な成分が入っておらず、有害な微生物が入っていないものです。日本は世界に類のない、飲料水に困らない国です。飲料水大国です。多くの河川が存在して、その上流ではそのまま飲むことができます。もちろん全てではありません。環境汚染で飲めない場所も見受けられます。世界的にみた場合、多くの国で生水は危険です。飲むと腹痛になったり、下痢になったりします。また恐ろしい病気になる場合もあり...