MENU

ウォーターサーバーを利用しない理由

ウォーターサーバーが人気であり、流行っています。CMなど見ることもあれば、インターネットの広告などで宣伝している会社も多いです。

 

美容室や病院、歯科、事務所などいろいろな場所に置かれていて、確かにそのようなものを利用してみると、冷たい水、お湯が同時に飲めておいしいのは魅力であるとは思います。

 

しかし、ウォーターサーバーを設置して利用するのは基本的に値段が高いと思います。サーバー設置だけなら無料でリースしているところもありますが、電気代が毎月1000円ほど余分にかかります。これだけでも大きいと思います。そしてボトルも定期的に注文しなければなりませんので、その費用もかかります。会社によっては1年に1回サーバーのメンテナンスを受けなければならず、その費用が別途でかかる場合もあります。

 

このように費用だけの面を考えてもウォーターサーバーは魅力があるとはいえ、高いので利用していません。

 

そして、私自身が水にあまりこだわりがなく、普通に飲めればそれで良いと思っているのです。人によっては塩素系のにおいがして水道の水は飲めないという人がいますが、私は問題がありません。水道の水もおいしく飲むことができます。ですからわざわざ水を買ってまでしなくても良いと思っているのです。

 

放射能などの心配も確かになくはないと思いますが、それほど若い年齢でもなく、もし仮に放射能による汚染が見られたとしても、それほど大きな害にはならないのではないかと楽観視しています。

 

世界でもまれな水道が飲める国としての日本は誇りであり、その恩恵を十分に受けていますので、これからも水道の水を飲み続けたいと思います。十分においしく、必要な水分を摂ることができています。サーバーの必要性を感じません。

 

水道水をもっと活用しましょう

 

★昨今ウォーターサーバーが流行っていますし、ショッピングモールなどにいくとインターネットの勧誘のように至る所で宣伝しています。

 

しかしながら、一般家庭でウォーターサーバーを導入する必要がはたしてあるのでしょうか?

 

日本は世界に誇れるほど高い上水道技術を持っています。

 

家中どこの水栓をひねっても、そのまま飲むことが出来る水が出てくる国なのです。

 

特に市町村の浄水場が高度浄水処理を行っているのであれば、カルキ抜きをしなくて金魚が生きられるほど蒸留水に近い水です。

 

そんなお水を水道代だけで使用できるのに、なぜ高いミネラルウォーターを買ったり、嵩張るウォーターサーバーを設置する必要があるのか、はなはだ疑問に感じています。
ウォーターサーバーの中には、浄水されたものもありますが、天然水のものも多くあります。

 

近年、ミネラルウォーターの人気の高まりで、天然の地下水をくみ上げすぎて、枯渇する懸念も叫ばれています。

 

天然水は雨や雪や何年もかかって、自然に濾過された限りある資源ですから、大切に使わなければならないものです。

 

天然水を飲んではいけないとはいいませんが、普段飲んだりお料理に使うお水は普通の浄水された水で十分なのではないでしょうか。

 

たしかに、いくら高度浄水処理された水道水でも、一度貯水タンクに貯めたお水を飲む、集合住宅の人などは、少し水に対して過敏になることもあると思います。

 

そんな場合は水栓の蛇口などに浄化装置を取り付ければ、不純物を取り除くことが出来ますし、手軽にポットタイプで浄水出来るものも販売されています。

 

まして、一軒家などで直接水道水が蛇口から出てくる家庭であれば、浄化装置などを取り付けることなく、そのまま水を使えばいいのではないでしょうか。