MENU

美味しいミネラルウォーターの分類

宅配水のミネラルウォーター

 

ミネラルウォーターの分類は4つあります。

 

ナチュラルウォーター

濾過や沈殿・加熱殺菌以外の処理がなされていない。特定の水源から採水された地下水。

 

ナチュラルミネラルウォーター

濾過や沈殿・加熱殺菌以外の処理がなされていない。ナチュラルウォーターのうち地中でミネラル分が溶解したもの。

 

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターと同じ原水で、濾過や沈殿・加熱殺菌以外の処理のほかに、オゾン殺菌・紫外線殺菌・ミネラル分の調整やブレンドなどを行ったもの。

 

ボトルドウォーター

飲水可能な水。処理方法に限定しない。水道水でも可。蒸留水・河川の表流水などの飲水可能な原水をもとにした水。

 

 

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、上記のように特定水源より採水した地下水を使用した水。

 

厚生労働省の食品衛生法では
処理方法が、濾過・沈殿加熱殺菌以外に、

複数の原水の混合・ミネラル分の調整・オゾン殺菌・紫外線殺菌など処理をしたものとされています。

 

 

 

飲用だけでなく保存用としてのミネラルウォーターの必需性

 

日本では水道水がそのまま飲用として利用出来るのであるが、これは海外では結構珍しい事である。

 

日本の常識を海外にあてはめると痛い目にあうケースが多いのであるが、特に海外旅行に関しては、飲料水をこちらで別途準備していくなり現地で>ミネラルウォーターを買うなりしておかないと慌てる場面が出てきてしまう。

 

現在は日本国内でも水道水をそのまま飲用として用いる事が少なくなり、ミネラルウォーターを当たり前のように買い溜めして飲んだり、あるいはウォーターサーバーを利用したりといったケースが増えてきている。

 

一度カルキ分の無い美味しい水を飲んでしまうと、二度と水道水には戻れなくなるという人が増えている。

 

またボトリングされたミネラルウォーターは長期保存にも大変優れており、災害時ライフラインが切断された状況下で飲料水の提供という大きな役割を果たす事が出来る。

 

コストが掛る様に見えて、実は必要不可欠な地位を築きつつあるのである。