ウォーターサーバーと他の水を比較

ウォーターサーバーと他の水を比較する

2011年の東日本大震災以降、安全な水に対する関心が急速に高まってきました。

 

それに伴い、水ビジネスは急速に発展をしてきております。

 

一時期は、スーパーマーケットからペットボトルの水が消えたりしたこともありました。

 

また、ウォーターサーバーの会社では、これまでにないほどの注文を受けたということもありました。

 

最近では幾分その過熱ぶりも沈静化してきましたが、依然として高い関心事であることには違いありません。

 

人間が生命を維持していくために必要な水に関することですから。

 

そんな安全な水ですが、大きく分けて5種類あります。

 

水道水、ペットボトルの水、浄水器、スーパーマーケットなどで汲むことのできる水、そしてウォーターサーバーです。
水道水は、これら5つの中ではもっとも安価な水です。

 

安全性に関しては、塩素消毒という形で殺菌を行っておりますので、水自体は安心です。

 

ただし気をつけないといけないのは、水道管や蛇口です。

 

水道管や蛇口の内部が腐食していたりさびていたりすると、味が金属のような味になってしまいます。

 

ペットボトルの水は、もちろんそんなことはありません。

 

最近では、かなり安いペットボトルのお水も販売されています。

 

しかしペットボトルが大量のゴミを出してしまうことは事実ですし、持ち帰るのがとても重いです。

 

一戸建てならばまだしも、公営団地でエレベーターもないところではとても大変です。

 

浄水器の場合には、水道の蛇口にセットするタイプがあります。

 

蛇口の形状によってはセットできない場合もありますし、結構な場所を取ります。

 

そしてスーパーマーケットで汲むお水ですが、これは料金も比較的安くいいのですが、やはり持ち帰るのがとても大変。

 

指定の容器でないと入れてはいけないという決まりもあるので、容器は繰り返し使うことになり、衛生面が心配です。

 

ウォーターサーバーならば、持ち帰る手間もありませんし、ゴミも大してでません。

 

蛇口にセットするわけではないので、どこにでも置くことができます。安全性はもちろん保証付です。

page top