天然水 ウォーターサーバー富士の湧水

「富士の湧水」は採水地が富士山麓と特定された水源の標高1000メートル近くの富士山麓の溶岩層(玄武岩質)を浸透、ろ過された雨水が地下200メートル下の地下水をボーリングした水を原水とし、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わない水を「天然水」といいます。

 

「富士山の湧水」はバナジュウムを含んだピュアーナュラルミネラルウオーター(天然ミネラルウオーター)です。

 

現代自の健康意識で注目されている天然ミネラル成分バナジウムを80μg/?含有しており、不足しがちな天然ミネラル沢山含んでおり、硬度24MG/?の軟水でpHが中性の天然ミネラルウオーターで美味しく飲んで、人の身体をサポートしてくれる天然ミネラルウオーターです。
飲料水としてはもちろん、お茶やコーヒー、お酒の水割りなどに使うことで、まろやかになり美味しく飲むことができます。

 

また、素材「魚」「魚介」「こんぶ」等のの旨味を引き立ててくれるので、だし汁などや、和食料理ににも最も適しており真の世界遺産です。
「富士の湧水」は乳児のミルクにもご安心して使えます。

 

福島第一原発事故で飛散した放射性物質の「富士の湧水」の原水への影響を調べるため、外部検査機関にて放射性物質セシウム134、セシウム137、ヨウ素131等の含有状況の検査を定期的に行なっております。

 

「富士の湧水」の全ての原水井戸水で放射性物質は検出されていません。

 

「富士の湧水」D-パックは、積み重ねてもズレにくい構造を採用しています。

 

従来の大型ボトルと比べ、簡単に積み重ねてコンパクトに保管できるので、置き場所をとりません。使いきりタイプになったので、ご利用後の保管スペースも不要です。

 

使い切った後はDパックはコンパクトに簡単につぶせますので不燃ごみとして処理が出来ます。紙製の梱包材は紙資源と処分が必要です。

 

「床置きタイプウォーターサーバー」
約6℃〜12℃の冷水と約80℃〜88℃の熱いお湯が使用できます。お茶やコーヒーにすぐに利用でき、急なお客様にも安心です。

 

富士の湧水のウォーターサーバーはワンモデルのみなのでウォーターサーバーの選択も簡単です。

 

サーバー利用料:1,500円/月

 

サイズ 290(幅)×300(奥行)×974(高)mm
D-パック装着時
290(幅)×300(奥行)×約1250(高)mm

 

重量 約18.0kg
温度設定 冷水:約6℃〜12℃(弱冷モード:約12℃〜16℃)
温水:約80℃〜88℃(高温モード:約90℃〜93℃)
タンク容量 冷水:約1.6リットル 温水:約1.6リットル