MENU

女性が使いやすい超軽量ウォーターバッグを使った千里の命水、おススメです。

ウォーターサーバーといえば、昔は外資系のオシャレなオフィスにおいてある特別なもの、というイメージが強かったんですが、最近ではあちこちで見かけるようになりましたね。

 

病院や歯科クリニックの待合室にもありますし、なによりも個人宅に普及してきたのが大きいと思います。

 

そして、いったんウォーターサーバーを導入したご家庭は、なかなかやめることがないようなんです。

 

それほど奥様方には便利なアイテムがウォーターサーバーなんですね。

 

 

 それだけに、ウォーターサーバーを取り扱っている会社はたくさんあります。

 

もし自宅にウォーターサーバーを設置したいと思ったら、あれだけたくさんの会社からどれかを選ばないといけません。

 

考えただけで、ちょっと面倒くさそう(笑)。

 

 というわけで、今回は女性にやさしいウォーターサーバーという点に絞って、おススメしたいと思います。千里の命水です。

 

 千里の命水の特徴はなんといっても水のまろやかさ。

 

その名の通り大阪千里の丘陵地帯と安威川水系の天然水という日本国内の水を使っています。

 

このあたりの水質がどれほどいいのかは、超有名企業の製造プラントが集中しているのをみてもわかります。

 

アサヒビール、山崎パン、コカコーラなど、おいしさを追求する会社がこぞって安威川水系の水を使っているのです。

 

そんなおいしい水が、自宅に居ながら簡単にのめるなんてうれしいですね。

 

 そういった基本的な水のおいしさに加えて、千里の命水では水のボトルにも工夫を凝らしています。

 

通常ウォーターサーバーのボトルというと、プラスチックの大型がほとんどです。

 

12リットルはいるサイズのボトルをためしにウォーターサーバーに設置してみましょう。

 

とても女性ひとりでは手に負えません。その点、千里の命水では6.2リットルの容量で超軽量のウォーターバッグを採用しています。

 

さらにこのバッグは毎回使い捨て。水が空になったら小さく折りたたんで捨ててしまえるんです。

 

これって画期的ですよね。

 

これまでのように空き容器を次回の集荷まで置いておく必要がありません。

 

しかも毎月決まった量が自動的に送られてきますから(ワンウェイシステム)、足りなくなることもないんです。

 

これまでウォーターボトルの交換をお父さんが帰ってくるまで待っていた人のは、とっても便利なシステムです。お水が切れるのは、いつもいつもお父さんがいる時間とは限りませんからね。

 

 気になるウォーターサーバーのレンタル代も定期購入にすれば0円ですし、もちろん水の配送料もかかりません。

 

使い捨て軽量バッグとの衛生的なシステムで女性でも安心な千里の命水のウォーターサーバー、一度試してみてもいいかもしれませんよ。