MENU

富士山採取のバナジウム水のウォーターサーバー

「富士山の湧き水を飲んでいる人は血糖値が低い」このことが判明していっきにバナジウム水は話題になりました。

 

血糖値上昇を抑える効果は血液をサラサラにし、糖尿病のみならず、生活習慣病全般、また脂肪が付きにくい体質をつくる為にダイエット飲料としても人気があります。

 

富士山水の特徴はこのバナジウムだけでなく風味の良さが人気です。非常に柔らかい口当たりの軟水であり、日本人の味の好みと体質に合った水なのです。

 

ミネラル分の成分に過剰に敏感になり外国の硬水を飲む傾向もありますが、人間にとっての「水」はそんな含有成分のみで片付けられるほど単純なものではありません。

 

よく外国旅行に行った際にお腹を壊し「水が合わない」といった症状になりますが、これは衛生面が悪くて「食あたり」したのではなく、日本人の体質に合わない水を飲んでしまったことによる症状なのです。

 

超硬質の水をダイエット飲料として飲むことが一時はやりましたが、これは非常に危険なことであり、「水が合わない」状態を続けた下痢の状態を延々と続けることになります。

 

やはり日本人は日本で採取した水を飲むことで本当の健康を得られるのです。

 

ウォーターサーバー水のために厳選し採取する富士山の標高1000メートル地点は開発が法規制された国立公園内です。

 

まわりの恩師林は自然豊かな原生林であり、化学物質混入の心配が極めて少ない場所だと言えます。

 

ウォーターサーバー水の「まろやか天然水」はこの場所の地下273メートルの地下水をくみ上げたバナジウム含有のミネラルウォーターなのです。

 

日本人の体質に合うと言うことは日本の料理にもマッチすると言うことです。

 

繊細な味付けと微細な風味に重きを置く和食には最適で、過剰なミネラル分による食材の成分の変化を起こさせない軟水なのです。

 

昔からプロの料理人達が好んで使ったことでもそれは実証済です。

 

特に味付けを全くしない白米の炊飯に使用すると最も他の水との違いが出ます。

 

洗米時から使用することで最大限にこの水の本領を発揮します。

 

バナジウム水は高額で2Lで500円以上します。

 

そしてその品質にも差はあります。少量のバナジウムを後から人工的に添加しただけの商品もありますので注意が必要です。

 

特にバナジウムの濃度があまりに低いと健康効果は望めません。

 

まとめ買いで少し安くはなりますが、ウォーターサーバーなら最も価格を抑えることが可能です。

 

ウォーターサーバーの『富士山の天然水』なら
・サーバーレンタル料無料
・全国配送料無料
・メンテナンス費無料
で高濃度のバナジウム水が低価格で飲めるウォーターサーバーがあります。

 

ウォーターサーバーは温冷水の切り替えで赤ちゃんのミルクとして使用する時にも非常に便利です。