放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水

「安全な水」というと日本ではかつて水道水が一番でした。水道法という一番ハードルの高い水質検査を通り抜けて蛇口からやってくる水は、安価で安全とされてきました。今現在、やはり心配なのは放射性物質(ヨウ素、セシウム)の原水へ与える影響です。水道水は河川から作られるため、風によって遠くから運ばれてきた放射性物質が混じってしまう可能性があるのです。
 一方、ウォーターサーバー等で提供される水はどうでしょうか?某メーカーでは放射性物質の原水へ与える影響を一週間単位で調査発表しており、放射能汚染に関しては徹底的な管理が行われています。しかし、ウォーターサーバーはサーバー自体に細菌が潜んでいることも多く、食品衛生法という基準を満たした水でさえ、汚れてしまったサーバーを通したら結局「安全な水」という事は出来なくなってしまいます。この点をウォーターサーバー提供会社は徹底して管理を行うべきです。水質が安全だというほかに、どんな環境にサーバーがおかれているのかを徹底的に調査・管理して欲しいと私は考えます。事実、いくつかの会社はサーバー自体の汚れ具合調査も行っており、メンテナンスに余念がないと聞きます。
 次に軟水・硬水のどちらを提供すべきか?という事について、安全性という面から考えてみましょう。マグネシウムやカリウムといったミネラルの含有率によって区分けされる水の種類ですが(一般的には硬度100mg/L以下を「軟水」、300mg/L以上を「硬水」、中間の100〜300mg/Lを「中硬水」と呼びます)、一般に赤ちゃんにとっては軟水がいいとされています。粉ミルクに混ぜて飲用にする際にもミネラルバランスを崩してしまいがちな硬水は避けた方がいいのです。イタリアでは赤ちゃんにオリーブオイルを飲ませる習慣がありますが、これは硬水が赤ちゃんに与えるダメージを知っているからなのです。
 日本の原水はほとんどが軟水です(一部沖縄地方では硬水の水も採れますが)。我々が外国産の水を飲んで違和感を覚えるのはミネラルバランスの異なる水だからなのです。また、軟水はクセがなく、日本料理に向いているとされています。硬水を利用する西洋欧米では油を使う事で硬水臭を紛らわせています。
 我々は一日に約2リットルの水を飲むと言われています。毎日毎日欠かすことなく摂取し続ける水だからこそ、日本人の体質にあった「水の安全」を考えるべきなのです。
 ウォーターサーバー・ペットボトルといったミネラルウォーター類は水道水に比べると高価です。しかし水道水を煮沸するための料金と比べると安価だとも言われています。
 放射能汚染を徹底的に排除した、日本メーカーの軟水というものが、いま考えられる一番安全な水なのかもしれません。
 安全を考える事は自分の身を守り、家族の健康を考えることですから「これで十分」と考える事が一番の大敵です。飲料水に関しては、月に一回でいいので「より安全な水を探していく」というつもりで、情報を追いかけるようにしましょう。究極の安全は手に入れることが難しいですが、日々使用する水を研究することで、家族の幸せを日々考えるといういいきっかけにもなるのです。

放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水関連ページ

安心な水
注文してよかった安全な水!宅配の水は放射性物質なし安心ですね!口コミでも人気のレンタル・ウォーターサーバーの機能や価格が比較できます。水宅配は無料トライアルで利用体験もOKでしたよ♪!
水道水の放射性物質汚染の不安
水道水の放射性物質汚染の不安
生活に必要不可欠な安全水(水道水)
生活に必要不可欠な安全水(水道水)
スーパーが無料で水サービスしているROの機械って?!
より安全な水を求めて調べる!
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
水の様々な種類や安全水について
水の様々な種類や安全水について
水の基礎知識と水の種類について
水の基礎知識と水の種類について
安全水で美味しい水が飲みたい
安全水で美味しい水が飲みたい
安全な飲料水はどうやってつくられる
安全な飲料水はどうやってつくられる!
身体にいい水とはどんな水でしょう? 水から考える健康
水から考える健康
飲料水の種類について
硬水、軟水、海洋深層水、アルカリイオン水などが有名
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。