MENU

水道水を理解して安全水を飲みましょう。

生物は皆水分を取らなければ死んでしまいます。現在日本では、水道の技術が上がったおかげで安全な水を飲むことが可能となりました。
水道水だけでも十分飲み水としては困らないのですが、今スーパーやコンビニ等の量販店等にはいろんな種類の水が販売していたり、水を汲むことが出来ます。昔に比べると水道水よりも購入した水を飲む方が増えてきているのが現状です。

 

水道水はある程度の安全基準をクリアした上で供給されています。日本では、基準値を超えるカドミウムや水銀や大腸菌が発見されると水道水としての供給がストップします。これは水を飲んで健康被害が出ないように政府がしっかりと管理しているからにほかなりません。
その為、日本の上水道には水の中の雑菌等を殺すために0.1mg/L以上の塩素が含まれています。この塩素の臭いが、水道水を飲む時に気になり進んで飲まない人が増えているのです。東京都等では高度な濾過技術を使用したニューウォーターの技術が進んでいますが、日本全土を見渡すと未だ塩素を使用した供給は続いています。
この塩素は有機物と反応すると、発がん性物質であるトリハロメタンを生成すると言われています。しかし、塩素が上水道に含まれるおかげでコレラ等の病気がこの国から駆逐されたので通常通りに飲むよりは安全ではあります。

 

湯沸かしポット等の機能には、カルキ抜きという水道中の塩素を取り除く機能がついています。沸騰を一定時間させる事によって水の中に含まれる塩素は空気中へ逃げていきます。これは揮発性の高い塩素の特徴を利用した方法です。
同様に時間はかかりますが、2〜3日程水を汲み置きする方法もあります。この場合は細菌が繁殖する可能性もあるので、飲み水として使用するのは控えたほうがいいかもしれません。もし冷たい水を直ぐに飲みたいのならば、緑茶成分を入れたりレモン汁を絞ると塩素と反応して美味しい水を飲むことが出来ます。結講手間はかかりますが、より安全な方法を取りたいと考えるのならば試したほうが良いのです。

 

中には蛇口や排水管の途中に浄水器を使用する方法もあります。浄水器の役割としては、水に含まれる過度なミネラル成分や微生物を取り除く為に取り付けるのですが、日本の水は軟水でミネラル分が少ないのと塩素の働きによって微生物等がいないので用途方法が変わり、トリハロメタンを取り除く為と言われています。
このように様々な方法を使えば、水道水もより安全に美味しく飲むことが出来るのです。

 

生活に必要不可欠な安全水(水道水)

 

昨今、コンビニで売られる様になりましたミネラルウォーター。

 

一昔には、考えられなかった商品です。

 

こんなふうに書きますと、いつの時代の人間だろうと思われる方がいらしゃるかもしれません。

 

現在、40代後半のごく普通のサラリーマンです。

 

過去に幾つかの転職を経験し、現在は、小さな工場で多少の水道水を使用する程度の人です。

 

過去に、転職した際、不景気な状況の中、ふと目にした浄水器メーカーの求人情報を職業安定所で
入手し、就職する事にしました。

 

それまで、某大手電気メーカーの関連企業で働いていたので、全くの畑違いの職種についた訳ですが、水といっても専門的な知識はなく、就職先の浄水器メーカー(中小企業)で、働きながら学びながら浄水器の製造に携わりました。

 

当時、安全な水というので、水道水を浄水する家庭用浄水器が社会的に広がりを見せていた様です。

 

国内の大小の浄水器メーカーが独自の研究開発を進め、様々な形や浄水方式を開発に取り入れ、
商品化され、社会市場に流通していました。

 

今は、テレビCMも新聞折り込みのチラシ広告もあまり見かけなくなりました。
コンビニやスーパーなどで、手軽にミネラルウォーターを入手出来ると時代となり、
需要が減ってきたのでしょう。

 

 ミネラルウォーターと聞くと、思いつくのが軟水とか硬水とかですね。
水を研究している研究家ではないため、軟水、硬水については、
ごく初歩的な知識しかありませんが、ミネラルと呼ばれる成分の中で、カルシウム、
マグネシウムの含有量の度合いで決まります。

 

ミネラル成分が多いと硬水、少ないと軟水となる様です。

 

普段は、コンビニ、スーパーで売られている商品をあまり気にすることなく選んで購入される方が
ほとんどではないでしょうか?

 

私自身もあまり軟水、硬水を意識せず、ミネラルウォーターとして買っています。
実に便利になりました。

 

ところが、別に、ミネラルウオーターを購入しなくても、おいしく安全な水が飲めるのです。

 

水道水には、消毒用の塩素が入っているのをご存知と思います。

 

少し手間ですが、汲み置きとか冷蔵庫で冷やしてやると、おいしい安全な水になるのです。

 

また、一度沸騰させるのも、おいしい安全な水を得る手段と言えます。

 

何をいいたいのかと申しますと、残留塩素を除去してやるという事なのです。

 

そうしますと、塩素臭いにおいのしない安全な水を口にする事が出来るのです。

 

忙しい時間のない方には、なかなか出来ないかもしれませが、一度やってみてはいかがでしょうか?

生活に必要不可欠な安全水(水道水)関連ページ

安心な水
注文してよかった安全な水!宅配の水は放射性物質なし安心ですね!口コミでも人気のレンタル・ウォーターサーバーの機能や価格が比較できます。水宅配は無料トライアルで利用体験もOKでしたよ♪!
水道水の放射性物質汚染の不安
水道水の放射性物質汚染の不安
スーパーが無料で水サービスしているROの機械って?!
より安全な水を求めて調べる!
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
水の様々な種類や安全水について
水の様々な種類や安全水について
水の基礎知識と水の種類について
水の基礎知識と水の種類について
安全水で美味しい水が飲みたい
安全水で美味しい水が飲みたい
安全な飲料水はどうやってつくられる
安全な飲料水はどうやってつくられる!
身体にいい水とはどんな水でしょう? 水から考える健康
水から考える健康
飲料水の種類について
硬水、軟水、海洋深層水、アルカリイオン水などが有名
放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水
放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。