安全水で美味しい水が飲みたい

安全水で美味しい水が飲みたい

人が生きていくうえで水は欠かせないものです。
食糧やエネルギーもそうですがこれらを生み出すにあたって多くの水が使われています。
水は石油以上にこの世で一番重要な原点なのです。
水は生命活動の基本で、水がなければ人間の生活は成り立たないし
私たちはいろんな水を使って病気予防をしたり健康維持できます。
水にはいろいろな効能があります。
意外と水の味については知られていませんが
味わいやおいしさは、水に含まれる成分た気温などによって決まり微妙に変わります。
まず、世界各地には名水と呼ばれる場所があり
硬水と軟水があります。
この軟水と硬水の違いは簡単に述べるとカルシウムとマグネシウムの含有量が少ないのが軟水で逆が硬水です。

 

軟水は口当たりが柔らかく、日本料理などと一緒に摂取するのに適しています。
緑茶と相性がよく、旨み成分を引き出します。
硬水はしっかりした飲みごたえを感じるご飯や豆料理に向いています。
硬水を飲むことでカルシウムやマグネシウムを摂取することができ、足がつったり、
筋肉がけいれんするなどといった運動時のトラブルを予防することにもつながります。
便秘、腰痛持ちの人にも効果を発揮します。
一般的に溶けやすいのが軟水なのでコーヒーや紅茶など入れるときは灰汁を十分に出せます。
お腹が弱い方などは軟水があいます。またダイエットにも効果を発揮します。
また多くのミネラルウォーターがありますが目的別に分けると
糖尿病の改善などはアルカリ性に変える中硬水。
老化防止には水素水や抗酸化力の高いミネラルウォーター。
熱中症などには軟水やスポーツドリンクをこまめに飲んだり、
このように用途別にいろいろ水の処方箋があります。
自分の体調に応じ良い水を正しく選ぶ。
毎日の水に気を付けるだけで体は元気を取り戻します。
よくわからない方はペットボトルなどに記載されているラベルを見ることをお勧めします。
原材料や出身地、どんな加工方法を得ているのか味わいなども、その水についてのいろんなメッセージが書いてあります。
日本は世界でも水資源に恵まれた国です。
蛇口をひねれば大量の水が出る。このような国は世界でもごくわずかです。
水道水の水源も、地下水や河川水、湖沼水などに分類されます。
私たちは毎日の生活において飲料水の供給システムや安全水の基本など。
いかに水についてよく知るか、大切に使うか考えないといけないと思います。
水の特徴をよく知り、自分に合ったおいしい水を探してみてくださいね。

 

page top