水の基礎知識と水の種類について

水の基礎知識と水の種類について

私達にとってとても身近であり、必要不可欠なものである「水」ですが、一言で「水」といってもその性質や種類は様々です。

 

化学式は「H2O」で表される水素と酵素の化合物であり、常温、常圧の状態で液状であり、基本的に無色透明であり、無味無臭であるものを指します。

 

水の違いとしてよく耳にするものが「硬水」と「軟水」かもしれません。
なにが硬くてなにが柔らかいかというと、「カルシウム(カルシウムイオン)」と「マグネシウム(マグネシウムイオン)」が水の中にどれだけ含まれるかによって決まります。

 

一定の水準が定められており、「カルシウム量(ミリグラムまたはリットル)×2.5+マグネシウム量(ミリグラムまたはリットル)×4.1」という計算式で数値を表すことが一般的になっていて、高度100以下を軟水、硬度101から300のものを中硬水、硬度301以上のものを硬水と分類します。

 

日本の水は硬度20から60といった数値にはいる軟水になります。
なぜ軟水なのかというと、地層にとどまる時間が短いからです。
地層にとどまる時間が長く、ゆっくりと海に向かって流れる水であるほど多くのカルシウムやマグネシウムを含むことになり、日本のような急峻な地形が多く、水が流れる速度が速いところでは軟水に、ヨーロッパや北米などの平らであり海に向かって流れる速度が遅い土壌では硬水になるわけです。

 

次に、よく聞く水の呼称である「ミネラルウォーター」というものをみてみましょう。

 

簡単にいってしまえば地下水を原水とするものをミネラルウォーターというんですが、厳密に言うといくつか種類があります。

 

特定水源の地下水を原水としているものの中で、ミネラルが比較的少なく、加熱殺菌やろ過以外、人工的な処理をしていないものを「ナチュラルウォーター」、その中でも天然のミネラル成分を多く含んだものを「ナチュラルミネラルウォーター」といいます。

 

特定水源の地下水を原水としていますが、品質安定などのためにミネラルを増やしたり、酸素を増やしたりしたもの、または複数の原水を組み合わせたものを「ミネラルウォーター」といい、その中身は様々になります。

 

上記以外の水は「ボトルドウォーター」というものに分類され、処理方法などに限定はなく、水道水や不純物をろ過した水である「RO水」などもボトルドウォーターに分類されます。

 

これらの違いを知り、より水について知識を得ることでよりよく水と付き合っていけると思いますし、水を上手に活用することにも繋がることでしょう。

page top