飲料水の種類について

飲料水とは、人間が普段飲用している水の事です。
人間が飲むのに適した安全な水とは、余分な成分があまり含まれておらず、有害な病原微生物が取り除かれた水になります。
また、単に「飲料水」と言っても飲料水には様々な種類があります。
例えば、硬水、軟水、海洋深層水、アルカリイオン水などが有名です。
その中でも、硬水、軟水という言葉は何となく聞いたことがあるけれど、具体的にはどんなものか知らないという方も多いのでは無いかと思います。

 

硬水、軟水という分け方は、水の硬度によって分けた分別方法です。
硬度とは、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表わしたものの事です。
一般的にはカルシウム量×2.5+マグネシウム量×4.1で算出され、数値で表されることが多いこの値。
この数値が高ければ硬水、低ければ軟水ということになります。
具体的には、高度301以上が硬水、100以下が軟水、101〜300までが中硬水と呼ばれています。
日本の水の硬度は20〜60程度で軟水ですが、フランスのヴォージュ地方の水は硬水で、ヨーロッパや北米では硬水を飲む地域も多くあります。
軟水の特徴は、香りや味を引き出しやすいという点にあります。
そのため、コーヒーや紅茶、ウイスキーなどに使用すれば一層香りや味を楽しむことが可能です。
また、日本の家庭料理によく使用されるコンブやかつお節などのうまみ成分も良く引き出すことができるため、ダシとして使用するにもぴったりです。
一方硬水は、カルシウムの量が多いため、渋み成分と結び付きやすいという特徴があります。
そのため、苦みや渋みを取り除きたい時に利用するのに適しています。
軟水の方が飲みやすいですが、美容と健康のことを考えるのであれば硬水を飲むことがいいとされます。

 

海洋深層水とは、水深200メートル以下にある深海水のことを言います。
深海には太陽光が届かず、水温が非常に低いため、最近が少なく、水質汚染もないという特徴があります。
人間の体内のミネラルバランスと似ているため、体にも良いですが、そのままでは塩辛いため、殆どのメーカーでは塩分を取り除いたものを販売しています。

 

そしてアルカリイオン水。
これは、水にカルシウム化合物を添加し、電気分解した水の事を言います。
アルカリイオン水は健康的な人の体液と同じアルカリ性なので、身体との相性が良いと唯一厚生労働省から機能水として認められています。
人工的に作られた水なので、粒子が細かく、体内に吸収されやすいというのが利点です。

飲料水の種類について関連ページ

安心な水
注文してよかった安全な水!宅配の水は放射性物質なし安心ですね!口コミでも人気のレンタル・ウォーターサーバーの機能や価格が比較できます。水宅配は無料トライアルで利用体験もOKでしたよ♪!
水道水の放射性物質汚染の不安
水道水の放射性物質汚染の不安
生活に必要不可欠な安全水(水道水)
生活に必要不可欠な安全水(水道水)
スーパーが無料で水サービスしているROの機械って?!
より安全な水を求めて調べる!
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
水の様々な種類や安全水について
水の様々な種類や安全水について
水の基礎知識と水の種類について
水の基礎知識と水の種類について
安全水で美味しい水が飲みたい
安全水で美味しい水が飲みたい
安全な飲料水はどうやってつくられる
安全な飲料水はどうやってつくられる!
身体にいい水とはどんな水でしょう? 水から考える健康
水から考える健康
放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水
放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。