水道水の放射性物質汚染の不安

水道水の放射性物質汚染の不安

3月11日に東北地方太平洋沖で地震が起こり早2年が過ぎました。

 

福島県は地震による津波により被害を受けました。ですが、被害を受けたのは福島県だけではありませんでした。

 

どういうことかと言うと、原発事故による放射性物質の大気汚染の被害です。

 

原発事故が起こったことは皆さん、当然覚えていると思います。

 

ですが、水道水が放射性物質で汚染されていたことを覚えている方は少ないのではないでしょうか。

 

当時は大問題になったのです。

 

当時東京都知事だった石原知事は、テレビで自ら水道水を飲むことで、安全だとアピールしなければならない程危険だったということです。

 

テレビやマスメディアでは、出来るだけ乳児には飲ませないでくださいと言っていたと思います。

 

それから2年経ちました。未だに福島原発の事故は収束の気配はありません。

 

未だに人が入ることすら出来ない箇所もあるほどです。

 

ですが、水道水の放射性物質の安全性についてはほとんどの人は疑問を抱いていないのではないでしょうか。

 

実際、今の水道水に放射性物質が含まれているか、いないのか私には分かりません。

 

なぜなら、テレビでもラジオでも新聞でも、そのことについてあまり触れた記事がないからです。

 

私と同じように不安に思っている方もいるかもしれません。

 

私はそんな不安を抱えるくらいなら安全性が保証されている水を飲みたいと考え、ウォーターサーバーの契約をしています。

 

福島から遠く離れた、熊本の阿蘇で取れた天然水を契約しています。

 

水の安全性について不安を思っている方は、ウォーターサーバーを利用するのも一つの方法だと思います。

 

 

衛生管理された水を使うウォーターサーバー

 

昔は企業施設などで見かけることが大半だったウォーターサーバーは、今では家庭でも利用される方が増えています。

 

家庭でなら水道水だけでも十分ではないかと思われるかもしれませんが、ミネラルウォーターが売れる現在ではこの傾向も頷けるものです。

 

では、ウォーターサーバーを一般家庭に置くメリットというのは何でしょうか。

 

ウォーターサーバーに使われている水というのは、基本的にミネラルウォーターです。

 

このミネラルウォーターも各社が品質管理を行っているオリジナルの物であることが多く、その安全性は信頼出来るものでしょう。

 

一般家庭にウォーターサーバーが置かれるというのも、こういったことが大きな理由の一つです。

 

震災時の原発事故の影響で、水の安全性が問われていた時期があります。

 

放射性物質が風に流され水源や周囲の川に流れ込むことで、水質汚染が懸念されました。

 

一時期よりは低くなったとはいえ、以前のような数値には戻っていません。

 

水は乳幼児のミルクなどにも使いますし、毎日摂取しなければなりませんから特に安全性には気を使う家庭は多いでしょう。
だからこそ安全な水を求めて、安全管理されたミネラルウォーターを求める家庭が増えたのです。

 

サーバー自体も便利なものでコストも余りかからないので、興味があれば一度導入してみるのも良いでしょう。

 

page top