水の様々な種類や安全水について

安全な水を確保したいと、水道水の水を避けてミネラルウォーターを購入する方もいますよね。

 

水道水の水は水道法というもので規定されているの、長期間に及び飲み続けても安全であると保障された水です。

 

しかし、水源が汚れていると塩素を大量に使って飲める水に変える必要がありますし、自宅の水道の蛇口から出て来る水は、水道管を通ってくるので、水道管の老朽化等の問題があり、田舎で水源が綺麗な所でなければ、水に独特の臭気や味があるので、安全水と思えない所があります。

 

家族が毎日飲む水ですから、やはり安全で美味しい水を確保したいものです。

 

そこでスーパー等でペットボトルに入ったミネラルウォーターを買いにいく家庭が多いですが、重いですし大変です。

 

最近では安全で美味しい水を宅配してくれるサービスもあるので、毎回ペットボトル購入している場合はウォーターサーバー等を利用して、水を宅配してもらうと、いつでも安全で美味しい水を確保する事が出来ます。

 

この水宅配と一言で行っても、水にも様々な種類が用意されています。

 

大きく分ければ水の種類な軟水と硬水に分かれていて、軟水は日本の殆どの地域で取れる水で、ごく一部の地域だけは硬水という水が取れます。

 

1000ml内に溶けたマグネシウム、カルシウム量を示した値が硬度と言って、それが120mg/l以下なら軟水、以上なら硬水と表現しています、見た目はどちらもただの水ですが、硬水の方が癖と刺激が強いです、飲みすぎるとお腹をくだす事もあり栄養成分が高い水です。

 

一方の軟水は日本人のほとんどの方に馴染む水と言われており、ミネラルウォーターは大きく二種類に分ける事が出来ます。

 

ウォーターサーバーではRO水、天然水から選択しますが、RO水は癖が全く無い水でこちらは赤ちゃんからお年寄りまで男女問わず飲む事が出来る水です。

 

天然水に関しては特徴がかなり違ってきます、軟水もあれば硬水もあり、また味の癖も取れる地域によって違ってきますし、赤ちゃんの場合は腸が未発達なので、天然水の成分が腸には厳しい事もあるので避けた方が良いです。

 

ダイエットで大量の水を摂取する時は、天然水を飲んだ方が効率的と言われています、赤ちゃんでも飲める赤ちゃん専用の天然水もありますから、必要な場合は問い合わせてみるのが良いです。

 

自分に合った水を選択して、安全水を確保するのが望ましく、水の選択の前に少しだけ水に関しての知識を得ておくと良いです。

水の様々な種類や安全水について関連ページ

安心な水
注文してよかった安全な水!宅配の水は放射性物質なし安心ですね!口コミでも人気のレンタル・ウォーターサーバーの機能や価格が比較できます。水宅配は無料トライアルで利用体験もOKでしたよ♪!
水道水の放射性物質汚染の不安
水道水の放射性物質汚染の不安
生活に必要不可欠な安全水(水道水)
生活に必要不可欠な安全水(水道水)
スーパーが無料で水サービスしているROの機械って?!
より安全な水を求めて調べる!
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
日本の自然から湧き出る安全水。湧水。
水の基礎知識と水の種類について
水の基礎知識と水の種類について
安全水で美味しい水が飲みたい
安全水で美味しい水が飲みたい
安全な飲料水はどうやってつくられる
安全な飲料水はどうやってつくられる!
身体にいい水とはどんな水でしょう? 水から考える健康
水から考える健康
飲料水の種類について
硬水、軟水、海洋深層水、アルカリイオン水などが有名
放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水
放射能汚染に対する水質検査を万全に行っている有料水
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。
安全な飲料水として、言えるのはピュアーウォーター位だと思います。